ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc

TOP端末情報docomo端末Arrows NX F-02G > スペックと対応バンド

Arrows NX F-02G (docomo) スペックと対応バンド

記事更新日:2017.3.20

通信方式

3G
音声通話
3G
データ通信
4G
音声通話
4G
データ通信
W-
CDMA
CDMA
2000
W-
CDMA
CDMA
2000
docomo
VoLTE
au
VoLTE
SoftBank
VoLTE
LTE
ドコモ
ドコモ系MVNO
au
au系MVNO
VoLTE対応SIM
au系MVNO
VoLTE非対応SIM
SoftBank
本端末 不可模様
(※)

メーカー公式サイトより作成
※1 ソフトバンクのサブブランド(ソフトバンク直営の格安SIM)であるY mobile(ワイモバイル)のVoLTEには対応していないことを確認済です。そのため他のソフトバンク系MVNOでも非対応となる可能性が高いと思いますが、詳細はわかり次第追記します。

ドコモ系MVNOで使用する場合

データ通信、音声通話(090番号での発着信)ともに3G・4G両対応です。


au系MVNOVoLTE対応SIMを差した場合

情報精査中


au系MVNOVoLTE非対応SIMを差した場合

・4G データ通信(LTE)

のみ合致しています。
SIMロック解除義務化以前(2015年5月以前)に発売されたVoLTE対応docomo端末は、SIMロック解除しau系MVNOVoLTE非対応SIMを差せば一般的にデータ通信は可能とのことですので、本機種でもデータ通信は可能と思われます。



3Gの対応周波数

800M
Hz帯
900M
Hz帯
1.5G
Hz帯
1.7G
Hz帯
2.0G
Hz帯
バンド
クラス0
バンド6
バンド19
バンド
8
バンド
11
バンド
9
バンド
クラス6
バンド
1
ドコモ
ドコモ系MVNO
au
au系MVNO
ソフバン
本端末

メーカー公式サイトより作成

ドコモ系MVNOで使用する場合

ドコモの
・バンド1(FOMAエリア)
・バンド6/19(FOMAプラスエリア)
の両方に対応していますので、ドコモ系MVNOで使用する場合、3Gの電波の入りは良好かと思います。


au系MVNOで使用する場合

auの3Gの電波は受信不可



4Gの対応周波数

700M
Hz帯
800M
Hz帯
900M
Hz帯
1.5G
Hz帯
1.7G
Hz帯
2.0G
Hz帯
2.5G
Hz帯
3.5G
Hz帯
バンド
28
バンド
18/26
バンド
19
バンド
8
バンド
11
バンド
21
バンド
3
バンド
1
バンド
41
バンド
42
ドコモ
ドコモ系MVNO
au
au系MVNO
SoftBank
本端末

はメインバンド。は準メインバンド。メーカー公式サイトより作成。

ドコモ系MVNOで使用する場合

上の表のとおり、本端末はドコモが4Gで使用している周波数のうち5つに対応しているため、ドコモ系MVNOで使用する場合、4Gの電波の入りも良好かと思います。


au系MVNOで使用する場合

auが4Gで使用している周波数のうち、本端末が対応しているのは
バンド1(auの準メインバンド)
バンド28(2015年より導入されはじめた新バンド)
の2つのみです。バンド18(auのメインバンド)にも対応していません。準メインバンドを受信できるだけでも都市部であれば電波に困ることはあまりないようですが、乗り換えの際はあくまで自己責任でお願いします。