ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc

TOP端末情報SIMフリー端末 > Zenfone2 by ASUS(エイスース)

ZenFone2 SIMフリー(ASUS)は格安SIMで使用可能か?

記事作成日:2015.7.17

基本情報

商品名 発売日 SIMサイズ SIMロック解除 リンク
ZenFone 2
(ZE551ML)


エイスース
2015.
5.16
micro
SIMフリー端末のため
最初からロックが
かかっていません
メーカー公式サイト
価格.com製品情報ページ
Amazon(国内正規版)
Amazon(並行輸入品)


ドコモ系MVNO、au系MVNOでの使用可否

MVNO
種別
プラン
(SIMタイプ)
使用可否 テザリング
可否
ドコモ系 データ専用SIM 国内正規品・・・可能(快適)
並行輸入品・・・可能(やや難あり)
可能
音声通話SIM
au系 データ専用SIM 不可
音声通話SIM
au系MVNO

音声通話SIMは使用できません。データ専用SIMは技術的には可能ですが、これまで他の海外メーカーのSIMフリー端末同様、技適の問題から使用できないと思われるため不可にしました。


ドコモ系MVNO

音声通話SIMデータ専用SIMともに使用可能です。また後述のとおり、国内正規品はドコモが使用している周波数のほとんどを受信可能なためドコモ系MVNOでは快適に使用可能な端末と言えると思います。並行輸入品は国内正規品と比較すると、4G LTEの電波の感度が劣るため(やや難あり)にしました。


通信方式

通信方式 3G
音声通話
3G
データ通信
4G
音声通話
4G
データ通信
W-
CDMA
CDMA
2000
W-
CDMA
CDMA
2000
docomo
VoLTE
au
VoLTE
SoftBank
VoLTE
LTE
ドコモ
ドコモ系MVNO
au
au系MVNO
ソフバン
ZenFone2

メーカー公式サイトより作成


3Gの対応周波数

800M
Hz帯
900M
Hz帯
1.5G
Hz帯
1.7G
Hz帯
2.0G
Hz帯
バンド
クラス0
バンド6
バンド19
バンド
8
バンド
11
バンド
9
バンド
クラス6
バンド
1
ドコモ
ドコモ系MVNO
au
au系MVNO
ソフバン
ZenFone2
(国内正規品)
ZenFone2
(並行輸入※1)

メーカー公式サイトより作成
※1 並行輸入品として一般的なWorldWideモデル(WW)の周波数になります。米モデル(US)や台湾モデル(TW)などもあるようですので、並行輸入品購入時は自己責任でお願いします。

◆国内正規品をドコモ系MVNOで使用する場合

上記のとおり、ドコモのバンド1(FOMAエリア)、バンド6/19(FOMAプラスエリア)の両方に対応していますので、ドコモ系MVNOで使用する場合、3Gの電波の入りは良好かと思います。

◆並行輸入品をドコモ系MVNOで使用する場合

上記のとおり、ドコモのバンド1(FOMAエリア)には対応していますが、バンド6/19(FOMAプラスエリア)には非対応です。ですので3Gの電波の感度は国内正規品のほうが上ということになります。

ただし本端末は国内品・並行輸入品を問わずバンド5にも対応しています。
そしてバンド5はバンド6/19(FOMAプラスエリア)を内包しているバンドなため、実際には並行輸入品でもFOMAプラスエリアで通信可能なものもあるそうです。
ですが、確実性が低いため本ページでは
「バンド6/19(FOMAプラスエリア)には非対応」
と記載しました。


4G LTEの対応周波数

700M
Hz帯
800M
Hz帯
900M
Hz帯
1.5G
Hz帯
1.7G
Hz帯
2.0G
Hz帯
バンド
28
バンド
18/26
バンド
19
バンド
8
バンド
11
バンド
21
バンド
3
バンド
1
ドコモ
ドコモ系MVNO
au
au系MVNO
ソフバン
ZenFone2
(国内正規品)
ZenFone2
(並行輸入※1)

はメインバンド。は準メインバンド。メーカー公式サイトより作成。

◆国内正規品をドコモ系MVNOで使用する場合

メインバンドと準メインバンドを含め、ドコモが使用している周波数5つのうちの4つに対応しています。そのためドコモ系MVNOで使用する場合、4Gの電波の入りも良好かと思います。

◆並行輸入品をドコモ系MVNOで使用する場合

ドコモが使用している周波数5つのうちの2つにしか対応していません。準メインバンドのバンド19にも非対応です。ですので国内正規品と比較すると電波の感度は劣ります。もっともメインバンドを受信できるだけでも、都市部ではそれほど不便なく使用できるようですが・・・。


まとめ

ZenFone 2は台湾メーカーのASUS製のSIMフリー端末です。
上記の3Gと4Gの対応状況から、ドコモ系MVNOで使用可能な端末となっています。価格的には並行輸入品のほうが一般的に安い傾向がありますが、電波の感度では国内正規品のほうが上になっています。

余談ですがASUSっていつの間にか「アスース」ではなく「エイスース」と読むようになったんですね。
ASUSっていうと個人的にはマザーボードの優良メーカーというイメージで、実際私のPC(一応自作PCです)もASUSのマザーボードを使っています。
ASUSさん、スマホの評価も高いようですので乗ってますね・・・。日本メーカーも頑張ってほしいものです!