ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc

TOP端末情報SIMフリー端末 > Nexus 5 by Google

Nexus 5はMVNOで使用可能か?

記事作成日:2015.7.16

基本情報

商品名(メーカー) 発売日 SIMサイズ SIMロック解除 リンク
Nexus 5
(LG-D821)


Google(※)
2013.
11.1
micro
SIMフリー端末のため
最初からロックが
かかっていません
製品情報ページ
(google)

※ 製造メーカーは韓国LGエレクトロニクス


ドコモ系MVNO、au系MVNOでの使用可否

MVNO種別 プラン種別 使用可否 テザリング可否
ドコモ系MVNO データ専用SIMプラン 可能 可能
音声通話SIMプラン
au系MVNO データ専用SIMプラン 不可
音声通話SIMプラン


3Gの通信方式と対応周波数

通信方式 800M
Hz帯
900M
Hz帯
1.5G
Hz帯
1.7G
Hz帯
2.0G
Hz帯
W-
CDMA
CDMA
2000
バンド
クラス
0
バンド6
バンド19
バンド
8
バンド
11
バンド
9
バンド
クラス
6
バンド
1
ドコモ
au
ソフバン
Nexus5
(日本版)
Nexus5
(北米版)

上の表のとおり、Nexus5は日本版、北米版ともにドコモやソフトバンクの3Gの通信方式であるW-CDMAに対応しています。
そのためドコモ系MVNOのSIMカードを差せば、携帯電話番号
(070、080、090番号)
での音声通話が可能です。
北米版はau(au系MVNOを含む)の3Gの通信方式であるCDMA2000にも対応していますが、後述のとおり技適の関係でau系MVNOでは使用できません。


4Gの通信方式と対応周波数

はメインバンド。は準メインバンド。

通信
方式
700M
Hz帯
800M
Hz帯
900M
Hz帯
1.5G
Hz帯
1.7G
Hz帯
2.0G
Hz帯
LTE バンド
28
バンド
18/26
バンド
19
バンド
8
バンド
11
バンド
21
バンド
3
バンド
1
ドコモ
au
ソフバン
Nexus5
(日本版)
Nexus5
(北米版)

上の表のとおり、日本版はドコモの
・メインバンド(バンド1
・東名阪バンド(バンド3

北米版はドコモの
・メインバンド(バンド1
・準メインバンド(バンド19

に対応しているため、どちらもドコモ系MVNOで使用可能です。
日本版を東名阪
(東京、名古屋、大阪周辺エリア)
以外で使用する場合は、受信できるのがメインバンド(バンド1)のみになってしまいますが、メインバンドを受信できれば電波の入りに困る機会はあまりないかと思います。

なお日本版、北米版ともにauの周波数にも一部対応しているため、auの電波を受信することも技術的には可能です。
ただしNexus5は、auのバンド1を利用する際に必要な技適を取得していないため、auやau系MVNOでは使用できません
詳細はau系MVNOのmineoのサイトを参照願います。

まとめ

Nexus5(ネクサス5)
は上記の3Gと4Gの対応状況から、ドコモ系MVNOで使用可能です。
2013年に発売された端末ですが、携帯販売ランキング(2015.6.29~7.5)によるとランキング2位となっており、未だにかなり人気のようです。
Amazonの評価もとても高く、この端末を購入してドコモ系MVNOのSIMを差して使っている方もとても多いと思います。
au系MVNOでは技適の関係で使用できないため注意して下さい。