ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc

TOP端末情報SIMフリー端末 > iPhone6s/6s Plus by APPLE

iPhone6s/6s Plus SIMフリーで格安SIMは使用可能か?

記事作成日:2016.3.4

基本情報

iPhone6s iPhone6s Plus
モデル名(※) A1688(国内版)
A1633(米国版)
A1687(国内版)
A1634(米国版)
発売日 2015.9.25
液晶サイズ 4.7インチ 5.5インチ
SIMサイズ nano(ナノ)
SIMロック解除 SIMフリー端末のため最初からロックがかかっていません
リンク 製品情報ページ(アップル)
・価格.comの評価 iPhone6s / iPhone6s Plus
スペックと対応バンド

メーカー公式サイトのとおり、国内版が受信可能な周波数を米国版も全て受信可能なため、米国版も仕様上は日本国内で使用可能です。


白ロム販売情報 (新品・中古品販売情報)

iPhone6s iPhone6s Plus
【Amazon】16GB / 64GB / 128GB 
【楽天】全メモリーサイズ一括検索
【Amazon】16GB / 64GB / 128GB
【楽天】全メモリーサイズ一括検索

ドコモ系MVNO、au系MVNOでの使用可否

MVNO種別 プラン
(SIMタイプ)
使用可否 テザリング可否
ドコモ系 データ専用SIM 可能(快適) 可能
音声通話SIM
au系 データ専用SIM 不可
音声通話SIM

スペックと対応バンドで詳しくは記載していますが、iPhoneは対応している通信方式や周波数が非常に多いです。全世界で人気が高いため、世界中で使用できるように作られているのだと思います。
格安SIM(MVNO)との相性が悪い端末もこれまではありましたが、今回の6s/6s Plusはドコモ系MVNOでもau系MVNOでも快適に使用可能な端末となっています。

ただし2016年3月現在の情報では、au系MVNOのSIMカードを差すとテザリングはできなくなってしまうようです。ですのでテザリングを使用したい方はドコモ系MVNOと契約することを推奨したいと思います。


本端末のおすすめの購入方法

状況 おすすめの購入方法
今現在、大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)と契約中で、端末も大手3社のスマホやガラケーを利用しているが、格安SIMにすると同時にスマホも新しく購入したい方。 記事作成時点では、本端末を格安スマホ
(本端末と格安SIMのセット商品)
として販売しているMVNO会社はありませんでした。

ですので、格安SIMは好きなMVNO会社で購入し、本端末は上記の「白ロム情報」にあるようにAmazonなどで購入。届いた端末に格安SIMを挿入し、説明書通りにAPNやプロファイルの設定を行えば使用可能です。格安SIMを契約時にMNP(ナンバーポータビリティ)も可能です。
今現在、スマホもガラケーも全く使用していない方
既に格安SIMを利用しており、
スマホ本体だけを新しくしたい方
端末のみの購入を推奨

本端末は上記の「白ロム情報」にあるように、Amazonや楽天などで新品や中古品が販売されています。それらを購入して現在使用中の格安SIMを挿入し、説明書通りにAPNやプロファイルの設定を行えば使用可能です。