ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc

Menu9 GPSアプリで子供を見守る方法

GPSアプリで子供の居場所をリアルタイムで追跡したり、どこにいたか履歴を確認する方法を紹介します。初期費用約10,000円、ランニングコストは月額0円です。



GPS発信機用の格安SIMを契約

記事更新日:2016.8.24

安価なデータ専用SIMでOK

今回私が購入したMicro X S240は、Micro X S240のページのとおりドコモ系MVNOの格安SIMを差せば通信可能になる。GPS発信機としてのみ使う予定なので、SMSや携帯電話番号(080や090番号)での音声通話は不要。なのでデータ専用SIMでOK。GPSの位置情報を発信するだけなので高速なデータ通信も不要。よって高速データ通信容量がとにかく少ないプラン(0も含む)でOKです。

※もっとも今回のMicro X S240は4G LTEには未対応なので、そもそもLTEでの高速データ通信そのものができない機種ですが、たとえLTEに対応している機種だとしても高速データ通信容量は0のプランで問題ありません。
ふむふむ。ということは、

・ドコモ系MVNO
・データ専用SIM
・高速データ通信容量が少ない

が揃ったプランを探し出して比較すればいいんだね?
そうだね。
ざっと調べたところ、2016年8月現在は、該当するプランを設けているのは下記2社。


MVNO
サービス名
プラン名 契約事務手数料
(税込)
月額料金
(税抜)
FREETEL SIM 使った分だけ安心プラン
データ専用
2,980円 299円
毎月のデータ使用量が
100Mbyteまでの場合
So-net 0 sim(ゼロシム)
データ専用プラン
3,240円 0円
毎月のデータ使用量が
499Mbyteまでの場合

申込パッケージを使用して申し込んだ場合


で、今回は特に他の要素を考慮する必要もないだろうし、素直に安かったDMM mobileを申し込んだ。
※ 後日、更に安価だったSo-net0 simに乗り換えました。


申込から1~2日くらいでSIMカードが郵送されてきたので、モバイルアスキーさんの記事を参考にまずは初期設定をしました。
SIMカードをスマホに差して・・・



説明書通りにネットワーク(APN)の設定変更をし・・・
(見づらくてすいません)



これでモバイルデータ通信が可能になりました。
ふむふむ。けど家の中ではWi-Fiでしょ?
もちろん。ということで、自宅のWi-Fiにも接続して・・・



これでOK!では次のページ(GPSアプリのインストール)へ。