ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc

Menu9 GPSアプリで子供を見守る方法

GPSアプリで子供の居場所をリアルタイムで追跡したり、どこにいたか履歴を確認する方法を紹介します。初期費用約10,000円、ランニングコストは月額0円です。



GPSアプリで子供をリアルタイム追跡

記事作成日:2016.7.4

Life360で小型スマホと親のスマホの位置情報を共有

①小型スマホのLife360の画面内の「家族を招待する」を押します。


②「手動で入力する」を押します。



③下記画面が表示されたら、親のスマホでLife360に登録した時の名前と携帯電話番号を入力し「完了」を押します。LINEでグループトークに招待する時と似ています。
※電話番号入力欄にはあらかじめ日本を示す「+81」が入力されていますので、携帯電話番号の最初の「0」を省略して入力します。例えば「090-1234-5678」の場合は「9012345678」と入力します。



④親のスマホのファミリーサークルに、小型スマホ(koさん)からのサークルへの招待が届きますので、「サークルに参加」を押します。



⑤すると、小型スマホと親のスマホのどちらの画面上にも、koさん(小型スマホ)と親のスマホの位置情報が表示されます。これで位置情報を2人が共有できるようになったわけです。



これでkoさんがどこに行こうと、アプリ上でリアルタイムで追跡できるなりました。
たまたま東京駅で同僚にあったので、小型スマホを同僚に持たせて私の職場のある隣駅(大手町駅)まで先に行ってもらいました。すると・・・



koさんが大手町に移動したのをしっかり追跡できています!
リアルタイム追跡はこれでバッチリです。
位置情報を共有したい家族を追加する場合は、小型スマホから同じように招待すれば可能です。


では次のページ(子供の居場所の履歴を検索)へ。