ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


hi-ho(ハイホー)の評価

記事更新日:2017.2.10


MVNO種別 リンク 運営会社
ドコモ系
MVNO
公式サイト
動作確認済み端末
株式会社ハイホー
実効速度の評判
(2016.10~2017.1)
料金 コストパフォーマンス


プラン(1人で使用する場合)

プラン名 高速データ
通信容量
月額基本料(税抜) 参考リンク
通常時 hi-hoスマート割適用時
エントリー 2GB/月 1,470 1,270 公式サイト
他社と比較
ミニマムスタート 3GB/月 1,633 1,433
ファミリーシェア 10GB/月 3,538 3,338

・上記は全て音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)の場合です。



シェアプラン(家族で使用する場合)

プラン名 シェア可能な
高速データ
通信容量
使用人数
(SIM枚数)
月額基本料(税抜) 参考リンク
通常時 hi-hoスマート割
適用時
アソート 3GB/月 2 2,809 2,609 公式サイト
他社と比較
3 3,509 3,309
ファミリーシェア 10GB/月 2 4,238 4,038
3 4,938 4,738

・上記は全てのSIMを音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)とした場合です。



評価ポイント

項目 評価 詳細・備考 参考リンク
電話かけ放題

通話パック

なし
公衆無線LANサービス
(Wi-Fiスポット)
の無料提供

なし
実効速度の評判
速い
高速 ⇔ 低速
切替機能

あり
専用サイトで高速ON/OFFを切替可能 ※アプリでは切替は不可 公式サイト
初速バースト
あり
公式サイト
余ったデータ容量の
繰り越し

可能
翌月まで繰り越し可 公式サイト
高速データ
通信容量のシェア
上記のシェアプランのとおり、アソートとファミリーシェアは、1契約で最大3枚のSIMを利用し、そのSIMで高速データ通信容量を共有(シェア)可能なプランあり。別名義の契約とのシェアは不可。
プロバイダサービス
とのセット割引

あり
上記のプランのとおり、hi-hoスマート割適用時は月額基本料が200円引きになります。
直近のデータ使用量
増大による通信制限

あり
3日以内に低速状態(高速OFF状態)で366MBのデータ通信を行うと、低速時の速度を通常の200Kbpsから更に低い速度に制限する場合があるとのこと。 公式サイト
早期解約時の
違約金
あり 音声通話SIMプラン時は、1年以内に解約した場合、
(12-利用月数)×1,000円
の違約金がかかる。例えば利用月数が4ヶ月の場合は
(12-4)×1,000円=8,000円
公式サイト
口座振替 詳細は公式サイトのFAQを参照願います。
自宅でMNP即日切替
不可
SIMカード到着までの数日間、スマホが使えない期間が発生してしまいます。 公式サイト


評価コメント

hi-ho(ハイホー)
はIIJグループの株式会社ハイホーが運営しているMVNOサービスです。
設備もIIJmioの設備を借りて運営している(※)ため、サービス品質はIIJmioと同等です。IIJmioと同じく初速バースト機能がありますし、実効速度も同程度です。IIJmioのサービス品質は良いほうだと思いますので、必然的にこのhi-hoのサービス品質も良好だと思います。

ただ厳しいようですが、加入するなら本家IIJmio(BIC SIM)や、同じくIIJの設備を借りているDMM mobileのほうがよいと思います。
料金面では全体的にDMM mobileのほうが強いですし、毎月3GBくらいデータ通信をされる方であれば、BIC SIM(IIJmio)の3GBプランのほうがWi-Fiスポットの無料提供があるためおすすめです。

現状ではhi-hoスマート割が適用になる方
(hi-hoひかりを既に利用中の方)
のみ検討対象になるMVNOだと思います。


◆追記
家族でシェアする場合の比較のとおり、家族で3人で3Gをシェアする場合は、このhi-hoのアソートプランが最安でした。