ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


mineo(マイネオ)評価

記事更新日:2017.7.20


MVNO種別 リンク 運営会社
ドコモ系

au系
公式サイト
動作確認済み端末(auプラン用)
動作確認済み端末(ドコモプラン用)
エントリーパッケージ(Amazon)
エントリーパッケージ(楽天)
格安スマホ一覧
株式会社
ケイ・オプティコム
実効速度の評判
(2017.2~2017.7)
料金 総合評価
ドコモプラン:
auプラン:
ドコモプラン:
auプラン:


プラン(1人で使用する場合)

高速データ
通信容量
月額基本料(税抜) 参考リンク
ドコモプラン
(Dプラン)
auプラン
(Aプラン)
0.5GB/月 1,400 1,310 公式サイト
他社と比較
1GB/月 1,500 1,410
3GB/月 1,600 1,510
6GB/月 2,280 2,190
10GB/月 3,220 3,130
20GB/月 4,680 4,590
30GB/月 6,600 6,510

※ 上記は全て音声通話SIM
(080や090番号での音声通話が可能なSIM。mineoではデュアルタイプという名称。)
の場合です。



パケットシェア&家族割プラン(家族で使用する場合)

使用人数
(SIM枚数)
加入例 シェア可能な
高速データ
通信容量
月額基本料
(税抜)
2 2人ともauプランの1G/月に加入 2GB/月 2,720
3 3人ともドコモプランの1G/月に加入 3GB/月 4,350
4 3人はauプランの3G/月
1人はauプランの1G/月
10GB/月 5,740
5 3人はドコモプランの3G/月
2人はドコモプランの0.5G/月
10GB/月 7,350

・上記はあくまで一例です。また全てのSIMを音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)とした場合です。
・他社との比較はこちら
・公式サイトはこちら(パケットシェア)こちら(家族割)



評価ポイント

項目 評価 詳細・備考 参考リンク
電話かけ放題

通話パック

あり
mineoで音声通話SIMプランを契約している場合のみ、専用アプリであるmineoでんわを利用した5分かけ放題プラン(月額850円)に申込可能。詳細は電話かけ放題・通話パックを参照願います。

※mineoでんわはかけ放題に申込しないと利用不可
公式サイト
公衆無線LANサービス
(Wi-Fiスポット)
の無料提供

なし
公式サイト
実効速度の評判 auプラン・・・速い  ドコモプラン・・・普通
高速 ⇔ 低速
切替機能

あり
mineoスイッチというアプリで高速ON/OFF切替可
初速バースト
なし
余ったデータ容量の
繰り越し

可能
翌月まで繰り越し可 公式サイト
高速データ
通信容量のシェア

可能
5人までシェア可能。別名義の契約とのシェアも可能請求も各自バラバラにすることが可能。 公式サイト
プロバイダサービス
とのセット割引

なし
直近のデータ使用量
増大による通信制限
あり 公式サイトに以下の記載があります。
「auプラン(Aプラン)のみ、ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(当日を含みません)に6GB以上のご利用があったお客さまについては、KDDI社より通信速度が終日制限される場合があります。」
早期解約時の
違約金
なし 以前はありましたが、2015年7月よりなくなりました。
ただし1年以内に他社へMNP(ナンバーポータビリティ)で転出した場合は、転出手数料が11,500円(税抜)必要になりました。
公式サイト
口座振替 自宅のインターネットにeo光ネットを利用した場合のみ可能 公式サイト
自宅でMNP即日切替
可能
専用サイトからWEB申請すれば切替が実行される。 公式サイト
その他 家族がそれぞれの名義で契約した場合に1回線あたり月額50円の割引がされる家族割や、自分名義の回線を複数契約した場合に1回線あたり月額50円の割引がされる複数回線割が2015年9月スタート。公式サイトより。

【050IP電話アプリ】
mineo加入者はLaLa Call利用時に無料通話100円分が付加される。
※2017年1月末で月額基本料無料特典は終了予定


評価コメント

mineo(マイネオ)は初のau系MVNOとして登場したサービスです。
関西電力系列のケイ・オプティコムが運営しています。


・mineoユーザー同士でデータ容量(パケット)を寄付したり、足りなくなった時に無料で補充が可能なフリータンクがある。

・早期解約時の違約金撤廃。

・ドコモの設備を利用したドコモプラン(Dプラン)と、auの設備を利用したauプラン(Aプラン)を両方そろえている。


など特徴は色々ありますが、個人的に1番の特徴はパケットシェアだと思います。

例えば、家族4人がそれぞれ自分名義でmineoと契約したとします。そして公式サイトのとおり、家族4人をパケットシェアグループにします。すると、例えば3GB/月プランを契約していた家族のうちの1人が、ある月に2GBしか使わなかった場合、余った1GBは翌月に家族全員で使う(シェアする)ことが可能です。そして毎月の料金は、家族の誰か1人にまとめて請求がいくのではなく、家族それぞれに個別に請求がいきます。

このように、
「パケット通信量を家族で分け合い、請求は家族それぞれにいく」
というのは、大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)は昔からやっているサービスなのですが、2017年現在、私の知る限りMVNOではこのmineoしかやっていません
高速データ通信容量のシェアで詳しくは取り上げていますが、他社のシェアプランは別名義の契約とはシェアできなかったり、シェアできても請求は代表者1人にいったり・・・と、使い勝手がイマイチです。
その点、このmineoのパケットシェアは使い勝手がよく便利だと思います。
パケットシェア以外の点を見ても、料金面やサービス面も良好で、現状ではおすすめできるMVNOだと思います。特に料金が安く速度も評判のいいauプランがおすすめです。


ちなみに私の家では、私と妻がauプランの1G/月プランにそれぞれ加入しています。妻はいつもかなり余るので、私は自分の1GBと先月妻が使い切れなかった分を合わせて、毎月1.5GBくらいは使っている感じです。家族割も適用してスマホ代は2人合計で月額3,000円以下です。au時代からすると信じられない料金です。


申込方法

音声通話SIMとデータ専用SIMで取り上げているように、個人的には110番やフリーダイヤルへの発信が可能な音声通話SIMプランを推奨しています。mineoの音声通話SIMプランに加入する場合の流れは下記になります。


① エントリーパッケージを購入する

公式サイトから申し込むと、新規契約時の契約事務手数料として税抜3,000円がかかりますが、
エントリーパッケージ(Amazon)2017年7月現在は税込909円

エントリーパッケージ(楽天)2017年7月現在は税込2,430円
を購入すると契約事務手数料が不要になるためお得です。

※エントリーパッケージにSIMカードは含まれていません。


② エントリーパッケージが届いたら、その中にエントリーコード

というパスワードのようなものが記載されているので、そのコードをエントリーコード入力画面に入力し、申込手続きを進める。

高速データ通信容量
 (3Gプランにするか5Gプランにするかなど)
 は、この時点で選択可能です。


③ 新しいSIMカードと説明書が送付されてくる。


◆MNP(ナンバーポータビリティ)利用時
マイページにアクセスしMNP切替申請をする。
(詳細な申請方法は公式サイトを参照願います)
30分~1時間程度で切替が完了し、今までのSIMでは電話やネットが使えなくなる。それを確認したら、スマホから古いSIMカードを取り出して新しいSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!

◆MNPを利用しない時
スマホに届いたSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!