ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


UQ mobile 評価

記事更新日:2017.7.20


MVNO種別 リンク 運営会社
au系
MVNO
公式サイト
動作確認済み端末
格安スマホ一覧
Amazon申込パッケージ
 (音声通話SIM・3G/月)
UQコミュニケーションズ
株式会社
実効速度の評判
(2017.2~2017.7)
料金 総合評価


プラン

プラン名 高速データ
通信容量
携帯電話番号(090~など)から
発信した時の通話料金
月額基本料
(税抜)
参考リンク
データ高速+音声通話 3GB/月 30秒20円 1,680 公式サイト
他社と比較
データ無制限+音声通話 無制限 2,680
おしゃべりプランS 1GB/月 5分以内は何度でも無料
(5分超過時は30秒20円)
2,980 公式サイト
おしゃべりプランM 3GB/月 3,980
ぴったりプランS 1GB/月 毎月最大30分まで無料
(無料分消費後は30秒20円)
2,980
ぴったりプランM 3GB/月 毎月最大60分まで無料
(無料分消費後は30秒20円)
3,980
ひったりプランL 7GB/月 毎月最大90分まで無料
(無料分消費後は30秒20円)
5,980

・上記は数値はすべて通常時のもの(期間限定の割引を考慮していないもの)です。
・上記は全て音声通話SIMプラン(080や090番号での音声通話が可能なSIM)です。データ専用SIMは公式サイトを参照願います。
※ 最大速度(カタログ値)が500Kbps(0.5Mbps)に抑えられています。



評価ポイント

項目 評価 詳細・備考 参考リンク
電話かけ放題

通話パック
あり 後述します
公衆無線LANサービス
(Wi-Fiスポット)
の無料提供

あり
UQ mobile加入者はWi2 300 for UQ mobileを無料で利用可能
実効速度の評判
速い
高速 ⇔ 低速
切替機能

あり
専用アプリで高速ON/OFFを切替可能
初速バースト
なし
余ったデータ容量の
繰り越し

可能
翌月まで繰り越し可 公式サイト
高速データ
通信容量のシェア

なし
プロバイダサービス
とのセット割引

なし
直近のデータ使用量
増大による通信制限
あり 公式サイトに以下の記載あり。
「直近3日間に6GB以上のご利用があったお客様の通信速度を制限させていただく場合があります。」
早期解約時の
違約金
あり 「データ高速+音声通話プラン」
「データ無制限+音声通話プラン」
⇒ 1年以内解約時は9,500円

「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」
⇒ 2年ごとの更新月以外で解約時は9,500円

「データ高速プラン・データ無制限プラン」
⇒ 違約金なし
公式サイト
口座振替
なし
自宅でMNP即日切替
可能
専用サイトからWEB申請すれば切替が実行される。 公式サイト


評価コメント

UQ mobile(ユーキューモバイル)
au系MVNO2番手として登場したサービスです。
KDDIグループのUQコミュニケーションズが運営しています。

KDDI!?

そうです。
au本体を運営しているKDDI株式会社のグループ企業です。


これはもうわかりやすいです。
ようするにau本家ユーザーがドコモ系MVNOに流れていってしまうのを防ぐべく、KDDIが立ち上げたサービスということです。KDDIとしては、お客が高価なau本家から安価なMVNOに流れていってしまうのも嬉しくはないでしょうが、どうせMVNOに流れていってしまうなら、

「ドコモ系ではなくau系MVNOに流れてくれたほうがいい」

という考えなのだと思います。
そんな動機で立ち上げたサービスですから、あまりやる気が感じられません。仕方なく始めたという感がアリアリで宣伝なども消極的です。
ただしそのおかげで(?)加入者がまだ少ないためか、実効速度はトップクラスに速いという評判です。トップクラスというか、恐らくトップだと思います。それくらい速いという声が多いです。


◆2016年10月追記
なんか徐々にやる気を出してきています。
以前はデータ容量の繰り越しすらなかったのですが、公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)の無料提供まで開始しました。2016年現在は引き続き速度は速いようですが、今後加入者が増えても速度を維持できるのか注目したいと思います。


◆2017年2月追記
本ページの上部の「プラン」の項目のとおり、
「5分かけ放題+データ通信」
がセットになったおしゃべりプラン
「通話パック+データ通信」
がセットになったぴったりプランが登場した上、どちらもキャンペーン期間だけ料金が安くなったりする特典があるため、非常にプランがわかりづらくなりました。
なんとか詳しく分析してみましたが、正直なところぴったりプランとおしゃべりプランは推奨できません。キャンペーン期間終了後の通常料金が、他社と比較して割高だからです。

例えば「おしゃべりプランM」は、
「3GBのデータ通信+5分かけ放題」
で月額3,980円です。
これはどう考えても高いです。
これが他社なら、3GBのデータ通信が1,500円くらい、5分かけ放題が850円くらい、合計で2,350円くらいですから。

しかもこの2つのプランは、2年ごとの更新月以外で解約すると違約金9,500円がかかるという、大手3社
(ドコモ、au、ソフトバンク)
のようなユーザーに優しくないシステムになっています。
そのため、キャンペーン期間(最大13ヵ月)だけ使って通常料金になったらすぐに解約しようと思っても、違約金からは逃れられないようになっています。

以上から個人的には、UQ mobileを契約するのであれば、かけ放題や通話パックが付いていない
「データ高速+音声通話プラン」
「データ無制限+音声通話プラン」
のほうがよいかと思います。
特にUQ mobileのウリである【速さ】を実現できる
「データ高速+音声通話プラン」
が個人的にはおすすめ
です。
このプランの場合、何もしないと携帯電話番号(090~)から発信時は30秒20円という高額な通話料がかかってしまいますが、その場合は楽天でんわなどの半額電話アプリの導入を検討されるとよいと思います。

※半額電話アプリについてはこちらで解説しています。


申込方法

音声通話SIMとデータ専用SIMで取り上げているように、個人的には110番やフリーダイヤルへの発信が可能な音声通話SIMプランを推奨しています。UQ mobileの音声通話SIMプランに加入する場合の流れは下記になります。


① エントリーパッケージを購入する。

公式サイトから申し込むと、新規契約時の手数料として税抜3,000円がかかりますが、Amazonでエントリーパッケージ
(2017年7月現在は税込500円
を購入すると新規契約時の手数料が不要になるためお得です。

※パッケージにSIMカードは含まれていません。

※パッケージには
「BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージ」
と書いてありますが、BIGLOBEへの申込はされません。BIGLOBEがUQ mobileと同じKDDIグループに入ったため、このような表記がされているようです。通常版より非常に安価ですので、申込の際はこのパッケージがおすすめです。


② エントリーパッケージが届いたら、その中にエントリーコード

というパスワードのようなものが記載されているので、そのコードを
エントリーコード入力画面
に入力し、申込手続きを進める。


③ 新しいSIMカードと説明書が送付されてくる。


◆MNP(ナンバーポータビリティ)利用時
専用サイト(my UQ mobile)にアクセスしMNP切替申請をする。
切替が完了すると今までのSIMでは電話やネットが使えなくなる。それを確認したら、スマホから古いSIMカードを取り出して新しいSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!

◆MNPを利用しない時
スマホに届いたSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!