ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


Fiimo(フィーモ)評価

記事更新日:2016.10.9


MVNO種別 リンク 運営会社
ドコモ系au系 公式サイト 株式会社STnet
(エスティネット)
実効速度の評判
(2016.7~9)
料金 コストパフォーマンス
未調査(情報なし)


評価コメント

Fiimo(フィーモ)は、2016年にサービスを開始したばかりの新しいMVNOです。四国電力系列のSTNet(エスティネット)が運営しています。

サービス開始時からau系MVNOドコモ系MVNOの両方を運営しています。au系MVNOは長らくmineo(マイネオ)UQ mobileの2社しかいませんでしたので、久しぶりに登場した3社目ということになります。

とはいえ、Fiimoは新規に自社で設備を構築して立ち上げたわけではなく、MVNOとしての設備をmineoから借りて開始したサービスです。mineoは関西電力系列、Fiimoは四国電力系列ですので、お隣の電力会社とタッグを組んだということになります。

ということは料金やサービスもほぼ同等か・・・と思いきや、Fiimoはmineoより色々な面でやや劣る内容となっています。例えば、mineoは電話アプリの優遇がありますが、Fiimoにはその特典がありません。高速 ⇔ 低速切替機能も、mineoはありますがFiimoにはありません。月額基本料も少しですがmineoのほうが安価です。実効速度はmineoと同等のようですので、厳しい言い方ですがFiimoがmineoに勝っている点はないように思います。

せっかく登場した3社目のau系MVNOですが、料金やサービス面重視であればmineo、実行速度重視であればUQ mobileを推奨したいと思います。