ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


DTI SIM 評価

記事更新日:2017.2.10


MVNO種別 リンク 運営会社
ドコモ系 公式サイト
動作確認済み端末
株式会社
ドリーム・トレイン・インターネット
(略称:DTI)
実効速度の評判
(2016.10~2017.1)
料金 コストパフォーマンス


プラン

高速データ
通信容量
月額基本料(税抜) 参考リンク
通常プラン でんわ定額プラン
通常 DTI光利用者 通常 DTI光利用者
1GB/月 1,200 1,050 公式サイト
他社と比較
3GB/月 1,490 1,340 2,270 2,120
5GB/月 1,920 1,770
10GB/月 2,800 2,650
15GB/月 4,300 4,100
20GB/月 5,550 5,400
無制限 2,900 2,750

・上記は全て音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)の場合です。



評価ポイント

項目 評価 詳細・備考 参考リンク
電話かけ放題

通話パック

あり
5分かけ放題が月額780円のでんわかけ放題オプションに申込可能。ただい5分経過後は30秒あたり20円の通話料がかかります。他社の5分かけ放題は5分経過後は30秒10円が一般的ですので、それと比較すると割高です。5分を過ぎないように気を付けましょう^^; 公式サイト
公衆無線LANサービス
(Wi-Fiスポット)
の無料提供

なし
公式サイト
実効速度の評判 以前は「遅い」という口コミが目立ちましたが、2016年の年末頃からだいぶ速くなってきているようです。
高速 ⇔ 低速
切替機能

なし
初速バースト
なし
余ったデータ容量の
繰り越し

可能
公式サイト
高速データ
通信容量のシェア

不可
プロバイダサービス
とのセット割引

あり
DTI光とセット利用で月額150円引き。 公式サイト
直近のデータ使用量
増大による通信制限
あり 通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあるとのこと。制御後の速度は上り下りともに200kbps以下。ただし以下の記載があるため、他社と比較すると規制は緩いほうかなと思います。

「1日もしくは連続する2日の通信総量が 1~3GB程度であれば制御対象にあたりません」
公式サイト
早期解約時の
違約金
あり 音声通話SIMを12ヶ月以内に解約する場合は9,800円の違約金が必要。MNP(ナンバーポータビリティー)で他社に転出時は5,000円要。 公式サイト
口座振替
不可
クレジットカードのみ
自宅でMNP即日切替
可能
専用サイト(My DTI)からWEB申請すれば切替が実行される。 公式サイト


評価コメント

DTI SIM
は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の老舗のDTI(ドリーム・トレイン・インターネット)が運営するMVNOサービスです。
MVNOサービスの開始は2015年9月と、他の老舗ISP
OCNIIJBIGLOBEなど)
よりもだいぶ遅かったのですが、割安な料金と高速な通信速度を武器に急速に利用者数を伸ばしていました。料金は月額基本料の比較表のとおり記事作成時点でも最安クラスです。

しかしMVNOサービスはどのサービスもそうですが、開始当初は高速ですが利用者数が増えてくると同時に徐々に遅くなっていきます。そして

「利用者増 ⇒ 速度低下 ⇒ 設備増強 or 帯域購入 ⇒ 速度改善 ⇒ 利用者増 ⇒ 速度低下」

を繰り返していきます。逆にいうとこの設備増強をしっかり行わないMVNOは脱落していくわけです。

DTI SIMも、2016年7月ごろからかなり速度が遅くなってきているようです。そのため現在はおすすめできないMVNOとなっています。これから速度が改善するかどうか注目したいと思います。


◆2017.2.10追記
2016年の年末頃から速度がだいぶ回復してきているようです。


申込方法

公式サイトトップページの右上部分の「お申し込み」から申込可能です。