ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


DMM mobile 評価

記事更新日:2017.7.16


MVNO種別 リンク 運営会社
ドコモ系MVNO 公式サイト
動作確認済み端末
音声通話SIM申込パッケージ(Amazon)
格安スマホ一覧
株式会社DMM.com
実効速度の評判
(2017.2~2017.7)
料金 総合評価


シングルコース(1人で使用する場合)

高速データ
通信容量
月額基本料
(税抜)
高速データ
通信容量
月額基本料
(税抜)
参考リンク
ライト※1
0GB/月
1,140 7GB/月 2,560 公式サイト
他社と比較
1GB/月 1,260 8GB/月 2,680
2GB/月 1,380 10GB/月 2,890
3GB/月 1,500 15GB/月 3,980
5GB/月 1,910 20GB/月 4,680

※上記は全て音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)の場合です。
※1 常時低速ですが初速バーストはあります。



シェアコース(家族で使用する場合)

シェア可能な
高速データ
通信容量
使用人数
(SIM枚数)
月額基本料
(税抜)
シェア可能な
高速データ
通信容量
使用人数
(SIM枚数)
月額基本料
(税抜)
1GB/月 2 1,960 8GB/月 2 3,380
3 2,660 3 4,080
2GB/月 2 2,080 10GB/月 2 3,590
3 2,780 3 4,290
3GB/月 2 2,200 15GB/月 2 4,680
3 2,900 3 5,380
5GB/月 2 2,610 20GB/月 2 5,380
3 3,310 3 6,080
7GB/月 2 3,260
3 3,960

・上記は全てのSIMを音声通話SIM(080や090番号で音声通話可能なSIM)とした場合です。
・他社との比較はこちら
・公式サイトはこちら



評価ポイント

項目 評価 詳細・備考 参考リンク
電話かけ放題

通話パック

あり
音声通話SIMプランを契約している場合、国内通話が1分20円で利用可能な半額電話アプリのDMMトークを利用可能。
このアプリを使用した5分かけ放題プラン(月額850円)も2017年2月より開始済。詳細は電話かけ放題・通話パックを参照願います。

※半額電話アプリについてはこちらで解説しています。
公衆無線LANサービス
(Wi-Fiスポット)
の無料提供

あり
無料ではないがDMM Wi-fiを月額税抜362円で利用可。
アクセスポイント数は63,000以上。(2016年10月時点)
実効速度の評判
速い
高速 ⇔ 低速
切替機能

あり
専用のアプリで高速ON/OFFを切替可能
初速バースト
あり
公式サイト
余ったデータ容量の
繰り越し

可能
翌月まで繰り越し可 公式サイト
高速データ
通信容量のシェア
上記のプラン(シェアコース)のとおり、1契約で2~3枚のSIMを利用し、そのSIMで高速データ通信容量を共有(シェア)可能なプランあり。別名義の契約とのシェアも可能だが請求は一括(請求を別々にすることは不可)になる。 公式サイト
プロバイダサービス
とのセット割引

なし
直近のデータ使用量
増大による通信制限

あり
3日以内に低速状態(高速OFF状態)で366MBのデータ通信を行うと、低速時の速度を通常の200Kbpsから更に低い速度に制限する場合があるとのこと。 公式サイト
早期解約時の
違約金
あり 音声通話SIMプラン時は、1年以内に解約した場合、9,000円の違約金がかかる。※データ専用SIMプランは違約金なし 公式サイト
口座振替
不可
クレジットカード払いのみ 公式サイト
自宅でMNP即日切替
可能
専用サイト(マイページ)で切替申請すれば切替が実行される。 公式サイト
その他 毎月、料金の10%分のDMMポイントを受け取れる


評価コメント

DMM mobile業界最安値クラスを特徴として打ち出しています。確かに月額基本料の比較表のとおり、全体的に料金は安価です。

では
「安いのはいいとして中身はどうか?」
というと、中身も悪くありません。
それもそのはず、DMM mobileはIIJmioの設備を借りて運営している(※)ため、サービス品質はIIJmioと同等です。IIJmioと同じく初速バースト機能がありますし、実効速度も同程度です。IIJmioのサービス品質は良いほうだと思いますので、必然的にこのDMMのサービス品質も良好だと思います。
ですので、ドコモ系MVNOでなるべく料金を抑えたいのであれば、おすすめのMVNOだと思います。

※少し詳しく記載すると、IIJmioは基地局をドコモから借り、基地局より上位の設備を自前で用意して運営しています。一方DMMは、基地局をIIJ経由でドコモから借り、基地局より上位の設備をIIJから借りて運営しています。


また、プランが非常に豊富なのも特徴です。
1GBプランから20GBプランまで揃えています。
ライトユーザーからヘビーユーザーまで何でも来い!という感じです。
ただし利用者の多い3GBプランの場合は下記のとおり、BIC SIM(IIJmio)のほうが月額プラス100円でWi-Fiスポット無料提供がある分、コストパフォーマンスが上だと思います。

◆音声通話SIM、3GBプラン

DMM・・・・・1,500円 Wi-Fiスポット無料提供なし
BIC SIM・・・1,600円 〃あり



申込方法について

音声通話SIMとデータ専用SIMで取り上げているように、個人的には110番やフリーダイヤルへの発信が可能な音声通話SIMプランを推奨しています。DMMモバイルの音声通話SIMプランに加入する場合の流れは下記になります。


①申込パッケージを購入する

公式サイトから申し込むと初回費用として税抜3,000円がかかりますが、
申込パッケージ(Amazon)2017年7月現在は540円
を購入すると初回費用が不要になるためお得です。

※ 申込パッケージにSIMカードは含まれていません。


② 申込パッケージの中にシリアルコードというパスワード

のようなものが記載されているので、そのコードを
申込パッケージ購入者専用サイト
に入力し、申込手続きを進める。

高速データ通信容量
 (3Gプランにするか5Gプランにするかなど)
 は、この時点で選択可能です。


③ 新しいSIMカードと説明書が送付されてくる。


◆MNP(ナンバーポータビリティ)利用時
専用サイト(マイページ)にアクセスし切替申請をする。2時間程度で切替が完了し、今までのSIMでは電話やネットが使えなくなる。それを確認したら、スマホから古いSIMカードを取り出して新しいSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!
公式サイトも参照願います)


◆MNPを利用しない時
スマホに届いたSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!