ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


NifMo(ニフモ) 評価

記事更新日:2017.4.29


MVNO種別 リンク 運営会社
ドコモ系
MVNO
公式サイト
動作確認済み端末
音声通話SIM申込パッケージ(Amazon)
音声通話SIM申込パッケージ(楽天)
格安スマホ取扱端末
ニフティ株式会社
実効速度の評判
(2016.10~2017.1)
料金 コストパフォーマンス


プラン(1人で使用する場合)

高速データ
通信容量
月額基本料(税抜) 参考リンク
通常 @nifty会員
0GB/月
ヨドバシ限定
1,180 公式サイト
他社と比較
3GB/月 1,600 1,400
7GB/月 2,300 2,100
13GB/月 3,500 3,300

・上記は全て音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)の場合です。データ専用SIMプランは公式サイトを参照願います。



シェアプラン(家族で使用する場合)

使用人数
(SIM枚数)
シェア可能な高速データ通信容量 月額基本料
(税抜)
1人目 2人目 3人目 4人目 5人目 ファミリー
おまとめ
ボーナス
合計
2 3GB 3GB 1GB 7GB 3,200
2 7GB 3GB 1GB 11GB 3,900
3 3GB 3GB 3GB 1.5GB 10.5GB 4,800
4 3GB 3GB 3GB 3GB 2GB 14GB 6,400
5 3GB 3GB 3GB 3GB 3GB 2.5GB 17.5GB 8,000

・上記は一例です。また全てのSIMを音声通話SIM(080や090番号での音声通話が可能なSIM)とした場合です。
・他社との比較はこちら
・公式サイトはこちら
※ 1人あたり0.5GBが無料提供されます。そのため例えば2人なら1GB、4人なら2GBが無料でボーナスされます。



評価ポイント

項目 評価 詳細・備考 参考リンク
電話かけ放題

通話パック
あり ※2017年6月より10分かけ放題プランを開始予定 電話代
節約方法の
まとめ
公衆無線LANサービス
(Wi-Fiスポット)
の無料提供

あり

BBモバイルポイントが無料で利用可能。
NifMoコネクトというアプリで簡単に接続可。
実効速度の評判
速い
高速 ⇔ 低速
切替機能

なし
初速バースト
速い
2016年11月よりサービス開始 公式サイト
余ったデータ容量の
繰り越し

可能
翌月まで繰り越し可 公式サイト
高速データ
通信容量のシェア

可能
上記のシェアプランのとおり、個人個人が3GBプラン以上に加入していないといけないので、シェア可能なデータ通信容量がとても大きくなり、大半の家族には使い切れない値になる。 公式サイト
プロバイダサービス
とのセット割引

あり
上記のプランのとおり、@niftyのプロバイダサービス(接続サービス)を利用中の方(@nifty会員)の場合は月額200円の割引。ヨドバシ限定プランは対象外 公式サイト
直近のデータ使用量
増大による通信制限

あり
1日あたりの通信利用量が下記を超えると高速データ通信が速度制限され低速(200Kbps)になるとのこと。
 3GBプラン時・・・・・650MB
 7GBプラン時・・・・1,500MB
 13GBプラン時・・・2,800MB
公式サイト
早期解約時の
違約金
あり 音声通話SIMプラン・・・6ヶ月以内/8,000円
※データ専用SIMプランは違約金なし
公式サイト
口座振替 @nifty接続サービスを利用中の方のみ可。 公式サイト
自宅でMNP即日切替
可能
専用サイトからWEB申請すれば切替が実行されます。 公式サイト


評価コメント

NifMo(ニフモ)
は、@niftyで知られる富士通系列の大手プロバイダのニフティが運営しているMVNOサービスです。

サービス開始が2014年12月と他の大手プロバイダMVNOよりだいぶ遅かったため、業界1位のOCNモバイルONE、2位のIIJmioらと比べると利用者数はまだ少ないです。ただその分、「実効速度」は速いと好評です。

サービス開始当初から「速い速い」と言われて加入者がうなぎ上りでしたが、
「MVNOでも電話かけ放題が出る」
と大きな期待を呼んだNifMoでんわが上記の評価ポイントのとおり残念ながら期待外れだったため、その後の加入者数の伸びが鈍化した印象です。NifMoでんわが大ヒットしていたら、加入者が激増し実効速度は低下していたと思いますが・・・。

2017年現在も引き続きドコモ系MVNOは速度を評判はトップクラスに良いMVNOですので、速度重視の方には有力候補になると思います。


申込方法について

音声通話SIMとデータ専用SIMで取り上げているように、個人的には110番やフリーダイヤルへの発信が可能な音声通話SIMプランを推奨しています。NifMoの音声通話SIMプランに加入する場合の流れは下記になります。


① 申込パッケージを購入する

公式サイトから申し込むと初回費用として登録手数料3,000円(税抜)がかかりますが、
申込パッケージ(Amazon)2017年2月現在は税込909円

申込パッケージ(楽天)2017年2月現在は税込1,080円
を購入すると初回費用が不要になるためお得です。

※申込パッケージにSIMカードは含まれていません。


② 申込パッケージにプロダクトキーというパスワードのような

ものが記載されているので、
パッケージ購入済の方の申込画面
からそのキーを使用して申込手続きを進める。

高速データ通信容量
 (3Gプランにするか7Gプランにするかなど)
 は、この時点で選択可能です。


③ 新しいSIMカードと説明書が送付されてくる。


◆MNP(ナンバーポータビリティ)利用時
説明書に記載の専用サイトにアクセスしMNP切替申請をすると、当日中(申請時刻によっては翌日)に切替が完了し、今までのSIMでは電話やネットが使えなくなる。それを確認したら、スマホから古いSIMカードを取り出して新しいSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!

◆MNPを利用しない時
スマホに届いたSIMカードを差し、説明書のとおりAPNの設定変更をし利用開始!