ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE mineo
BIC SIM(IIJmio)
BIGLOBE UQ mobile
・・・etc


格安SIMとは?なぜ格安なのか?

記事更新日:2017.7.22

格安SIMはMVNOと契約時に受け取れるSIMカード

それでは続いて、
格安SIM(かくやすシム)とは何なのか?なぜ格安なのか?
を見ていくよ。
ういす。
まず、携帯電話やスマートフォンの中にはSIMカードが入っているのは知っていると思う。私のXperia ZL2にも・・・




ジャジャン!ありました。
いや、なんでキラキラ加工してるの?
なんとなくだよ。
で、このSIMカードが入っているおかげで、日本中のほとんどの場所で電波を送受信し、電話やインターネットができるというわけだ。
ふむふむ。
SIMカードは重要だね。これが入ってなかったら、スマホなんてただの超小型ノートパソコンというか、手乗りパソコンっていう感じだもんね。
そうだね。
で、格安SIMというのは別になんてことはない。大手3社と比較してMVNOは料金が格安だから、MVNOと契約した時に受け取れるSIMカードが格安SIMと言われているんだ。
なるほど、料金が格安のMVNOのSIMカードだから格安SIMか。そのままだね。
けどなんか最近
「格安なんたら・・・」
っていうのが多くない?なんかそういうのって安かろう悪かろうっていうイメージがあるけどなあ。
そうだね。
けど格安SIMは安かろう悪かろうではないんだ。ではなんで格安なのかを見ていくよ。


MVNOはなぜ格安なのか?

それでは、
「なぜMVNOは大手3社と比較して料金が格安なのか?」
を見ていくよ。
ういす。
じゃあちょっと、ショウ君が高級なステーキショップに行ったとする。
メニューは下のとおり。


メニュー
ステーキ200グラム+ビール飲み放題
6,500円


ステーキ500グラム+ビール飲み放題
8,000円


ステーキ700グラム(飲み放題なし)
6,934円


いや、なんでステーキショップなのにパスタを炒めているの?
それしか画像がなかったんだ。
で、じゃあメニューを見て好きなものを注文して。
いやいやいや、僕ステーキなんて100グラムくらいしか食べられないから!ビールも飲めないし!この店、メニューがおおざっぱ過ぎるでしょ!ステーキ200グラムと500グラムを選択したらビール飲み放題が付いてきちゃうし、飲み放題なしだとステーキ700グラムしか選択できないし。
そうだね。
たくさんステーキを食べてビールもたくさん飲める人には適した店だと思うけど、そうじゃない人には適していない店だよね。
うん。お子様向けの
「ステーキ100グラム、飲み放題なし」
といったメニューも追加してほしいよ。
そうだよね。
実は大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金体系は、まさにこの高級ステーキショップのようなヘビーユーザー向けのメニューになっているんだ。
そしてMVNOはまさにその、
「ステーキ100グラム、飲み放題なし」
のような、小回りの効いたメニューを用意しているんだ。


メニュー(税抜)
au MVNO
mineoのauプランの料金を引用)
データ2GB+電話カケ放題:6,500円

データ3GB+電話カケ放題:7,200円

データ5GB+電話カケ放題:8,000円

データ7GB(カケ放題なし):6,934円
データ1GB:1,410円

データ3GB:1,510円

データ5GB:2,190円

※全プラン、電話カケ放題なし。
090音声通話つき。


なるほど。
確かにauは、ステーキ200グラムだとビール飲み放題が付いてきちゃって、飲み放題なしだと700グラムしか選択できなかったステーキショップのメニューとそっくりだね。
どのメニューを選んでも高額という・・・。
それに対してMVNOは、まさに僕が選びたかった
「ステーキ100グラム、飲み放題なし」
のようなメニューを用意してくれているわけか。
そうだね。
つまりMVNOが格安なのは、品質がズタボロに悪いからというわけではなく、
小回りの効いたメニューを用意しているから
というのが1番の理由なんだ。(※)

※その他の理由として、前々ページで見てきたように大手3社より回線速度が遅い点、大手3社のように全国にショップを構えていないのでコストがかかっていない点などがあります。
なるほど。それなら安心だなあ。
そうだね。
次のページからはMVNO会社のプランの概要を見ていくよ。